無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

飴村乱数 5話
事務所に着くと、そこには先客がいた。
あなた

あっ、こんにちは…

夢野幻太郎
夢野幻太郎
おや、あなたさん
有栖川帝統
有栖川帝統
んおぁあ!久しぶりだなぁ
イェーイとハイタッチを要求される。
それを無視して事務所のソファに掛けた。
有栖川帝統
有栖川帝統
ァんだよつれねぇなぁ…
有栖川さんはまた座って、机の上に盛られたお菓子を食べ始めた。
飴村さんが少し遅れてタタタ、と玄関からかけてくる。
飴村乱数
飴村乱数
あっれぇ〜?二人とも、何してるの〜?
そう言いながら二人の膝下へダイブする。
夢野幻太郎
夢野幻太郎
おっと…危ないですよ
有栖川帝統
有栖川帝統
んにゃあ゛!ポテチがこぼれたじゃねぇかよぉ!
飴村乱数
飴村乱数
あっは〜!ごめんねっ?
飴村さん✕3の大騒ぎ。
私、一応客人だよね…?
私を忘れて3人は騒ぎまくる。
夢野幻太郎
夢野幻太郎
おや、帝統はんは拾って食べればよかろ??
有栖川帝統
有栖川帝統
俺にだって人としてのプライドはあるんだからな!
飴村乱数
飴村乱数
あっれれぇ?前僕が見たときはごみ捨て場漁ってたよね??カラスと一緒に
夢野幻太郎
夢野幻太郎
なっ!?だ、帝統は…そんな真似をっ…!?
有栖川帝統
有栖川帝統
うるせー!!!負けた時だけだっつーの!
夢野幻太郎
夢野幻太郎
おや、今日ここに来た要件はなんでおじゃ?帝統はん?
有栖川帝統
有栖川帝統
あ…