無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

山田一郎 12話
山田一郎
山田一郎
あっ!!
あなた

うわっ!

山田一郎
山田一郎
そうだっ!これ!
慌ててポケットから何やら紙切れのようなものを取り出す。
山田一郎
山田一郎
俺、山田一郎って言います。萬屋ヤマダってなんでも屋さんやってるんで…
そろそろと名刺を差し出す。
あなた

あ、ありがとうございます…

山田一郎
山田一郎
あの…お名前…
あなた

!ああ!

慌ててかばんを探す。
名刺ケースを取り出して中身を出す。
あなた

あなたです…

山田一郎
山田一郎
あ…わざわざご丁寧に…
あなた

いえいえ…そちらこそ…

二人でペコペコしているとなんだか面白くなってきて
あなた

アハハ!

山田一郎
山田一郎
ハハハ!おかしいっすよねこれ!
あなた

ホントですね!

二人で笑い転げたあとに、ヒィヒィ言いながら一郎くんが言った。
山田一郎
山田一郎
タメで良いスか?なんか違和感あるし
あなた

はい!いいですよ

山田一郎
山田一郎
あなたさんも…
おずおずとこちらを見つめてくる。
あなた

あぁ!うん!わかった!

山田一郎
山田一郎
じゃあ、あなたさん!
あなた

うん!

じゃあね!と手を振ろうとすると、それをガシっと掴まれた。
山田一郎
山田一郎
家まで送るよ
顔を覗き込まれてニヤッと笑う。
あなた

えっ…いや、いいよ!私大じょ…

山田一郎
山田一郎
拒否権無しな!
そのまま私の手をひいて進む。
やっぱさっき可愛いかもって言ったの取り消し!!
to be continued...