無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第153話

波羅夷空却 3話
ビルのすぐ横の錆びた階段を登る。
辿り着いたのは、思い出の場所だった。
だだっ広い空間の真ん中に、父と母の遺骨を置く。
あなた

お父さん、お母さん

よくここで、3人で話したよね。
お父さんてば、いつもふざけてばっかりでさ。
お母さんによく怒られてたね。
あなた

っ…

そう言葉にするより先に涙が溢れた。
あなた

どうしてっ…

どうして、
私も殺してくれなかったの?
あなた

うぅ…

息も苦しいほどに涙がとめどなく流れる。
私はフラフラと立ち上がり、屋上の柵を跨いだ。
あなた

今、そっち行くからっ…

自殺なんて思いつきもしなかった。
ただ、絶望だけが私の身を包んでいた。
けど、さっきの人の言葉。
『自殺すんなら___』
その先は覚えてないけど、目を覚まさせてくれた。
あなた

死ねば、楽になれるんだね

私は足を踏み出した。