無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第130話

伊弉冉一二三 10話
いそいそとトイレに向かう。
あなた

(バレなきゃいいんでしょ…)

1度、男性用トイレに入ることも考えたが流石に倫理が許さないだろう。
フロアをチラッと覗くと、一二三さんが見えないほど人が群がっていた。
どうやら本日2つ目のシャンパンタワーを入れてもらったらしく
店内は熱気と興奮に包まれている。
あなた

よし…

だだっ広いトイレに入る。
あなた

(何回見てもすごいな…)

大きな磨き上げられた鏡に、天井には小さなシャンデリアまで。
個室は人が二人寝られるくらいの大きさだった。
あなた

さっすが、シンジュクNo.1♪

鼻歌交じりに用を済まし、鏡の前で髪の毛を整える。
できるだけ、女らしいところは隠すように努めた。
あなた

うん!カッコいい、私!

トイレから出た瞬間、スマホに通知が入る。