無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

山田三郎 6話
頭にキて、思わずまくしたてる。
あなた

はぁ!?いまので顔真っ赤にしてどもってたのは何処の誰だったっけ??そんなおこちゃまにうるさいとか言われても説得力ないなぁ???

向こうもブチッと来たようで、
山田三郎
山田三郎
僕は客ですよ!?なんですかその態度!!
あなた

うるさいうるさい!あんたみたいなやつ客じゃないわよ!ただの利用者!利用させてあげてるのこっち!

山田三郎
山田三郎
クビになりますよ!
あなた

こっちは公務員ですから!

ギャーギャー言い争っていると周りに人だかりができる。
あなた

あ…

流石にこんな中で言い争いは続けられず、口をつぐんで少年を睨む。
山田三郎
山田三郎
こっち来てください!
手を引かれて、トイレの前の細い通路に連れて行かれる。
山田三郎
山田三郎
僕は本を借りに来ただけなんですけど、なんであなたみたいな人と言い争ってるんでしょうか!?
あなた

知らないわよそんなこと!あんな難しい本、読めないくせにカッコつけて借りちゃってさ!

山田三郎
山田三郎
はぁ!?読めますけど!?
あなた

じゃあ読んできてよ!

山田三郎
山田三郎
いいですよ明日に五作品全部読んで返しに来ますから!
あなた

絶対無理だろうけど!

お互いにフン!と言って同じ方向に歩き出す。