無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

毒島メイソン理鶯 2話
よし…状況を整理しよう…。
痛む頭を抑えてメモをかばんから取り出し、ボールペンをノックする。
あなた

(昨日は…)

________________
同僚
あなた〜!!彼氏にフラレたから慰め会しよぉ〜
あなた

またぁ?もう、いいよ

同僚に誘われて飲み会に行ったんだ。
昨日は何故かお酒が進んでしまった。
そこからはおぼろげな記憶しかないけど…。
同僚
あんた飲み過ぎじゃない?
あなた

んへへぇ、らいじょーぶです!

同僚
いや大丈夫じゃないでしょ…
同僚に駅まで送ってもらったあと、何を考えたのか歩いて家に帰ることにしたんだ。
あなた

〜♪

気が付いたら周りの景色が森になってて…
トスッ
あなた

っ…

僅かな衝撃を感じて気を失った…。
_________________
ここまでの概要をメモに書き込む。
ページをめくって、上に『今』と書いてグルグルと囲った。


_________________
テントの中で寝ていた。
襲われた形跡は無し。(むしろ丁寧に扱われた?)

森で倒れていたのを見つかって介抱されていた?
ものを取られた形跡も無し。
男の人がいる。(ハーフっぽい?)

介抱してくれていた人?
もしくは今から何かされる←危険!!!

逃げる?(どうやって?)

もし介抱してくれていたなら…?
_________________
ボールペンをカチカチとしながら今後の行動を検討する。
あなた

…よし