無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

山田二郎 1話
キーンコーンカーンコーン…
あなた

次の授業は…と

あなた

げ、昼休みか…

私が落ち込むが早いか、ドドドドド…と足音が聞こえてくる。
あなた

(サバンナにいる気分…)

NHKのテレビで見たヌーの群れを思い出す。
数秒も経たないうちに声が聞こえてきた。
女子
二郎くんッ♡
女子
じろーくーん♡♡♡
女子
二郎先輩ッ♡
山田二郎
山田二郎
うぉぉ…
スカートを短くした女子たちが数十人集まっている。
友人
おぉー、今日も賑わってますなぁ
あなた

賑わいっていうか…騒がしい…

友人
おおっとぉ?クールビューティーあなた様は学年きってのモテ男、山田二郎にはご感心を示さないか!?
あなた

うるさいなぁ…私購買に行きたいんだけど

友人
ごめんってぇ。ま、たしかにあの騒ぎじゃしばらく出れそうにないね
あなた

はぁ…

頭を抱える。
今日は限定クリームタピオカメロンパン風クロワッサンの発売日なのに…。
こんなんじゃ売り切れちゃう…。
友人
おぉ…すごいよ、あなた。これ見てみ
あなた

ん?

友人に見せられた画面には廊下にひしめく女子、女子、女子。
あなた

えっやば…

全員が全員、弁当を手に押し合いへし合い。
お目当てはうちのクラスの山田二郎。
あなた

(どこがそんなにいいんだろ…)