無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

山田一郎 5話
ストーカーを押し倒していたのは黒髪の男の人だった。
あなた

………っ

その顔を見た瞬間に何故か安心して腰が抜けてしまう。
山田一郎
山田一郎
大丈夫か!?
あなた

ぇ…あ、…

男の人はチッと舌打ちをした。
山田一郎
山田一郎
お前は寝てろ
鈍い音がして拳がストーカーの顔に直撃する。
ストーカー
ストーカー
っかっ…!
ストーカーの手から力が抜けたのが分かった。
男の人がこっちに駆け寄ってくる。
山田一郎
山田一郎
大丈夫か、なんかされたか?
あなた

……っ

ふるふると首を横に振る。
山田一郎
山田一郎
そうか…
男の人はふぅと息を吐いて座り込んだ。
あ、そうだと言ってポケットからスマホを取り出す。
山田一郎
山田一郎
通報するからちょっと待ってくれ
コクリとうなずく。