無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

毒島メイソン理鶯 12話
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
ふむ、よく出来ているな
二人で鍋を覗き込む。
あなた

ん〜!いい感じ!

軍手をはめて、飯盒を開けると湯気が立ち上る。
あなた

わぁ!ご飯もいい感じですよ〜!

毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
それは楽しみだな
二人で顔を合わせてフフッと笑う。
あなた

(あー…)

楽しいなぁ。
あなた

(戻りたく…ないなぁ)

カレーを盛りつつ、そう思った。
丸太に横並びに座り、スプーンを持って手を合わせる。
あなた

いただきます!

毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
いただきます
カレーを口いっぱいに頬張った。
熱々のカレーに、口をはふはふさせる。
あなた

ん〜!ほいひぃ〜!

毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
フフ、食いしん坊さんだな
あなた

えへへ…

和気あいあいと、手作りのカレーを食べる。
あなた

(やっぱり…)

あなた

戻りたく、ない…

気がつくと声が出ていた。
涙も溢れる。
毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
ん、どうかしたか?
あなた

……ズッ…

毒島メイソン理鶯
毒島メイソン理鶯
どこか痛むのか?
朝と同じように背中を擦られる。
あなた

はっ、うぅ……

嗚咽が漏れる。
止めることができない。
理鶯さんはひたすら背中をさすってくれた。
少しずつ落ち着いてくる。
背中の温かみを感じながら、やっと言葉を発する。
あなた

ずっと、ここにいちゃ、だめですか

to be continued...