無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第107話

有栖川帝統 12話
次に目覚めると、窓からは明るい光が差し込んできていた。
あなた

んぁ…

上体を起こすと、頭がガンガン痛む。
何が気持ち悪いし…。
胃のとこで何かがぐるぐるしてて今にも口から吐きそう…。
あなた

(二日酔い…?)

初めての体験、しかし耳にしたことのある症状にその単語が浮かんだ。
ふと、自分の体に目をやる。
うん、いつも通り。
ベッドで布団をかけて、パジャマを着て寝ていた。
あなた

(なんかボタンかけ違えてるけど)

多分昨日は酔ってたから…。
あなた

ん?

昨日の事を思い出し、その違和感に気付く。
あなた

(私、飲み会の帰りのスーツのまま寝た気がする)

青髪の人…名前忘れた。
その人と宅飲みしたんだ…。
あなた

ははは…

我ながら昨日の愚行に苦笑を漏らす。
やばかったな…、昨日の私。
あなた

(あれ、青髪の人は?)

ふと、そう思って周りを見回すが、姿は無い。
ズシンと思い体を引きずってリビングに向かうと…。
あなた

あれ?