無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第116話

神宮寺寂雷 8話
ベッドの隣においてある椅子に座り、弁当を膝に置く。
あなた

なんだって何よ

はやと
しちょーかと思ったから
あなた

ああ…

横に避けられたベッドサイドテーブルの上にあるものを見て納得する。
そこには、半分以上残された病院食が放置されていた。
あなた

食欲、無い?

はやと
うん、食べても…どーせ吐くし
あなた

そっか…

私は力なく口角を上げた。
師長はいつも、はやとくんが残したご飯を見ると、長い話をしだす。
ご飯の栄養の大切さ、とか食べるという行為の効果、とか。
はやとくんにだけじゃなくて、その師長の話はこの病棟の患者さんなら誰もが聞いたことのある話だった。
体が弱くてどうしても食べ残してしまう患者さんもいるけれど、そうでない人達もいる。
病気で衰弱しきった体では食欲が沸かずにあまり食べられないことが多い。
そういう患者さんには食べるよう諭すのが正解なんだけど…。
あなた

(はやとくんは…食べられないのか…)

病気のせいで、年々体が食べ物を受け付けなくなってきているらしい。
だから、師長の長話は苦手がっている。
あなた

……

膝の上においた弁当を見つめる。