無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

山田三郎 7話
山田三郎
山田三郎
ついてこないでください…!
あなた

こっちだってトイレに用なんかないし!あんたがこんなとこに連れてくるから…!

山田三郎
山田三郎
あなたが猿みたいにギャーギャー騒ぐからでしょ!
小声で言い争っていると、前から人がやってきたので二人とも黙る。
エレベーターの前まで行ってお互いにベー、と舌を出して別れた。
あああ!あの子ほんとに何なの…!
ぶつくさ言いながらカウンターまで戻り、長蛇の列をすごいスピードで捌いた。
あなた

(思い出したらまた腹立ってきた…!)

その日は家に帰ってもイライラして何にも集中できなかった。
あなた

(あいつのせいだ…!)

あなた

わー!!!!

思いきり叫んでベッドにダイブする。
怒って疲れたのか、布団についてすぐ寝てしまった。