無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第150話

観音坂独歩 12話
ひとしきり小言を言い終わったらしいハゲは標的を私に移した。
ハゲ課長
そもそも君は誰だね?
あなた

経理部の者ですが

ハゲ課長
なぜ経理がこんなところにいるのだ!
あなた

クソボンクラが観音坂さんに仕事押し付けてたからです

あなた

教育がなってない部は経理処理も疎かになりますので

あなた

私から注意を、と

ハゲ課長
余計だ!そもそもうちの者が仕事を押し付けるなんて
ハゲ課長
あり得るわけ無いだろう、なぁ観音坂くん!
観音坂独歩
観音坂独歩
…はは
ハゲ課長の背後に立っていた観音坂さんは力なく笑った。
あなた

(言えばいいのに…)

観音坂独歩
観音坂独歩
ベッ
そう思っていると、観音坂さんは舌を出して煽り顔を作った。
あなた

ブフォ

その精一杯さに思わず吹き出す。
ハゲ課長
何を笑っているんだ!
キーキー喚くハゲにのだらしない腹にファイルを押し付ける。



私はため息をついた。
あなた

教育がなってないクソボンクラってあなたの事ですけど?

あなた

では、また様子見に来ますからね

私はそう言い捨ててオフィスを立ち去った。
to be continued...