無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第103話

有栖川帝統 8話
あなた

……仕事は

おでこを机につけたまま聞く。
有栖川帝統
有栖川帝統
ギャンブラー?
あなた

……

なんで疑問形なの…。
呆れすぎてため息も出ない。
有栖川帝統
有栖川帝統
ん、お前食わねーの?
まだ綺麗なお皿を指して帝統が言う。
あなた

うーん…

あやふやな返事をして、頭を机に乗せたままテレビを見た。
アナウンサー
時刻は深夜2時をまわりました
あなた

はーあ…

時間を認識すると共に、どっと疲れが押し寄せてくる。
有栖川帝統
有栖川帝統
何お前、ため息つきすぎじゃね?
あなた

うるさい…

有栖川帝統
有栖川帝統
悩み聞くぜ?飯のお礼にさ
振り向くと、帝統は鍋をきれいに平らげていた。
あなた

誰のせいだと思ってんのよ…

有栖川帝統
有栖川帝統
え?俺?
帝統はびっくりしたように眉を跳ね上げて自身を指差した。
その素っ頓狂な声に、笑いが漏れ出す。
あなた

…ぷっ

有栖川帝統
有栖川帝統
なん…
あなた

はは、分かってなかったの?

有栖川帝統
有栖川帝統
いやわかんねーだろ普通
あなた

いやわかるでしょ普通

有栖川帝統
有栖川帝統
えぇ?
あなた

最近ツイてたのにこんなん拾ってきちゃったんだもん

そう言って帝統の肩をげんこつでぐりぐりする。
有栖川帝統
有栖川帝統
ふーん…勝ってたのに負けたってこと?
あなた

まーね

勝ち負けで言うなら多分そう。
こいつを見つけた時点で負けかも。
有栖川帝統
有栖川帝統
俺は逆
あなた

え?