無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

山田二郎 5話
友人
てかさ?
友人がスマホを置いて問いかけてくる。
友人
あんたは弁当作ったりとかないわけ?
あなた

なっ…

ニヤニヤしながらこっちを見るな…。
あなた

無いに決まってんじゃん!!

友人
ほんとにぃー?
あなた

ほんとのほんとっ!

友人
なーんか顔が赤い気がするんだけどなぁ?
あなた

うるさいっ

友人の顔をグイグイと押し戻す。
かばんをちらっと見る。
作ってきてはいる。
でもこれはあくまで、購買で何も買えなかったとき用のやつ。
あなた

二郎のためとかないからっ!

頭を横にブンブン振りながら言う。
友人
分かったってぇ。
熱い頬を指の甲で抑える。
マジでありえない…。