無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

山田二郎 9話
あなた

お昼あんなに食べてたじゃん…

机に積み上げられた弁当を思い出しながら言う。
すごい量だったよ、あれは…。
山田二郎
山田二郎
たりねぇ
ムスッとしてこっちを見てくる。
いや、可愛くしても何もないから…
あなた

あっ

カバンに弁当が入ってたのを思い出す。
ちらっとかばんを見やると同時に
山田二郎
山田二郎
お前弁当持ってんだろ
あなた

え?

一瞬、思考が停止する。
なんで知ってんだ…
山田二郎
山田二郎
朝練行く前に教室で見た
机の横にかけられたかばんをドサッと机の上に置く。
山田二郎
山田二郎
お前昼購買食ってたし
残ってるよな?と上目遣いで言われる。
あなた

いや…

たしかに残ってるんだけど…なんで食べようとしてんの…。
山田二郎
山田二郎
なー!お願い!腹減って死にそうなんだよ…。
緑と黄色の目で見つめられて思わず
あなた

いいけど…

と返事をしてしまう。
何やってんだ私…。
二郎'sファンたちに怒られるぞ…。