無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

公表
【あなた】
いつになく真剣な慎くんを隣に、
力矢さん、陣さんをはじめとするメンバー。

怖いけれど、やっぱり大切なファンの皆には、
付き合っている、と公表することに決めた。


陣「ヒロさんにはもう言うたんやろ?」
慎「はい、さっき」
『その方がいいだろうと言ってくれました』


そして、事務所のホームページ、
インスタグラムでファンの皆さんに向けて報告した。



壱馬「見た?SNS」
『見れません』


そう簡単に受け入れられることでは無いと
分かっているからこそ、とても怖い。

だからSNS等を一切見れていない。


壱馬「翔平の出番や(笑)」
翔平「了解致しましたっまかせてください」


樹に助けを求めるも、ちゃんと聞け、と言われ
えぇ、とダイニングテーブルの上に顎を乗せる。


翔平「はい、では浦川読み上げますっ

“え、むしろ付き合ってなかったの?”
“尊い。こんなん推すしかない。”
“一生応援する、大好き”
“オムライス食べてる慎の写真を使うあなた好き”
“まこっちゃんがインスタに載せた、
あなたの不意打ちショットは絶対隠し撮り。笑”
“素直に嬉しい、ほんとおめでとう…泣”

etcですが、みなさまありがとうございますっ‼︎」

壱馬「なんでラジオ風なん」
山彰「俺“結婚報告かと思った”ってコメント見たw」
陸「まって、翔平の誇張強すぎてっ… (爆笑)」
海青「顔の演技力やばいわ、はー笑ったぁ」


みんなが笑ってるなか、感謝の気持ちで涙が滲み、
それに気づいた慎くんが、ぽんぽん、と頭を撫でる。

けれど、


慎「いつかは結婚報告ね」


なんて爆弾発言をかましてくるから、
涙は一瞬で止まりました。