無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

(暇なんですか翔平さん)
慰安旅行のあなたと慎について/大荒れSNSより


[第1弾]

・ROUTEごとに分かれてもなお、
 一緒の慎とあなたはもう運命だと思う

・★6見つける時に通ったゲームセンターで、
 慎が目移りしたのに対して進路方向に引っ張ってく
 あなたが超絶可愛いから見てほしい。

・最早途中からただのデート


[第2弾]

・考えてるあなたに構って欲しそうな慎可愛いw

・ジェットコースターで、皆がビビってる中、
 シンプルに景色に感動してるあなた強い爆笑

・乗り終わったあと海青たちコメント撮ってんのに、
 あなたの髪の毛直すまこっちゃんw


[第3弾]

・大宴会での私的第一位は、あなたの呼びかけに
 「ん?」って顔寄せる慎くんの彼氏感。(事実)

・あなたがイチゴ摘み食いしたのも可愛いし
 それ見て“子ども”って呟く慎くんも好きです((

・寝起きでも揃って顔良いって何事。


[第4弾]

・平和すぎるバドミントンを繰り広げる4人に、
 壱馬と大爆笑するあなたが死ぬほど可愛い。

・手押し相撲する後ろでまこっちゃんとあなたが、
 ひたすらイチャイチャしてて笑うw

・慎くんがあなたにキャップ被せて、
 それをあえて外さないあなたが超推せる!!

________
______


翔平「だってよ慎!!」
慎「……はい。」


リビングで昂秀たちとゲームしていた慎に、
変なタイトルをつけSNSを読んでみせた翔平。

もちろんゲーム中なので半分くらい聞いてないが、
とりあえず返事はしておく慎。(超適当な後輩)

そして、ゲームを終えたあと慎は思うのだった。


(暇なんですか翔平さん)