無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第73話

意味
【あなた】
『慎くん、今日時間ある?」
慎「あー…ごめん、今日は友達と約束があって」
『そっか、、じゃあまた今度でいいや』


せっかくのオフ。
2人で出掛けられたらいいなと思っていたけど、
今度にしよう。

支度をした慎くんを玄関までお見送り。
うん、今日もかっこいい。


慎「なにそんな見つめて」
『ふふっ、かっこいいなって思って』
慎「…今日一緒に出かけれなくてゴメン。」
『私も慎くんに聞いてなかったし、謝んないで』


そう言えば、慎くんは優しく私を引き寄せ
そっと口づける。

ゆっくり離れたそれは何故か寂しそうだった。


慎「ふふ、真っ赤。行ってきまーす」
『、いってらっしゃい…』


私の返事、聞こえたかな。
恥ずかしくて声小さくなったけど…

それにしても、あれは行ってきますのキス?
一度もしたことないのに、、。


樹「意外。あんなことするんだ、まこっちゃん」
『見てたの……妬いちゃった?』
樹「え。なんて?」
『聞こえないフリしないでよ』


そう浮かれていた私は

あのキスの意味も、
慎くんの気持ちも、
分かるはず無かったんだ。



慎(________許して、あなた…)