無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

ドッキリ①
【陣】
今日は、
我が紅一点にガチTVでドッキリを仕掛けます。


_ガチTV

『“かずまこコンビ”が、思いっきり喧嘩したら、
あなたは一体どんな反応を示すのか!ドッキリ〜!』
昂秀「いぇーっ!(パチパチパチ)」

『まあ、あなたはね、2人と仲良いからね』
昂秀「俺らも喧嘩してるの見たことないっすもんね」
『どんななんやろな』
昂秀「メンバーは全員仕掛け人なんですけど、そこの反応にも注目をね、していきたいと思います」
『じゃあ楽屋に向かいまーす』


昂秀と2人、楽屋に戻ると、まだいつも通りの雰囲気でわちゃわちゃしている。

そして主役の紅一点、あなたは、慎と背中合わせでストレッチをしていた。
…うん、そこはいつも通りにイチャイチャしてるんやな。まこっちゃん、仕掛け人やけど。


慎「、すいません壱馬さん」
壱馬「いや、えーよ?」


そこからフリ合わせに入り、慎が立ち位置をミスったり壱馬とぶつかってしまったり。


壱馬「どーした?今日調子悪いん?」
慎「…まあ」
壱馬「はっきり言えよ(笑)」
慎「壱馬さんには言いたくないっす」
壱馬「はあ?何で」
慎「(無視)力矢さん、もっかいお願いします」


お、おー。やるねまこっちゃん。
みんなも仕掛け人のくせにビビってんで。

そんな2人のやりとりを心配そうに見るあなたも、少し笑顔が減ってきた。


壱馬「なんなん」
北人「まあまあ落ち着けって」
陸「再開しよ、ほら!ね、あなたも!」
あなた「あ…はい」