無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

王子たちに好きだと言ってみた。
【あなた】
《北人》

『北人さん、好きです』
北人「俺はもっと好きだよ!知らなかったの?
ひどいなぁ、これからはもっと好きって言うね!」
『心臓が足りなくなるので大丈夫です』
北人「しっかり照れてるところがほんと可愛いね!」

結論:告白以上にかなり愛をさらけ出してくるので、覚悟が必要


《樹》

『樹、好きだよ』
樹「?俺も好きだよ。なに(笑)、言わされてるの?」
『企画だよ、王子たち全員に言うの』
樹「ふうん、そっか。まあ俺はずっとあなたの側にいるから。いつでも頼ってください」
『…自然だね、』
樹「ふっ、何その感想」

結論:ナチュラルだけどストレートに伝えてくるので、普通に恥ずかしくなって照れる。


《慎》

慎「(ゲーム中)」
『慎くん、好きだよ』
慎「っ!///、不意打ちはずるいよ!
あー、ゲーム負けちゃった。ほら見てよ」
『(手招きされたので行ってみる)』
慎「(あなたの腕を引っ張る)」
_チュッ
『っ!///』
慎「仕返し」

結論:ちょっとSな感じに仕返しされる。(ゲームはしっかり勝ってた)


《壱馬》

『壱馬さんの声好きだなぁ』
壱馬「…へえ。声、だけ?(壁に追い詰める)」
_ドンッ(壁ドン)
壱馬「(耳元で)なあ、どうなん?」
『…全部好きです』
壱馬「ふはっ、ごめん、意地悪しすぎた。そんな赤くならんでも(笑)…俺も大好きだよ』

結論:ただただ、かっこいい。もうそれだけ。