無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

エゴサーチ
【壱馬】
GOTRの移動車の中、面白いやり取りをする前の席の2人を動画で撮影する。


翔平「あなたもエゴサーチしてみては?」
あなた「えー嫌だよ、怖いし」
翔平「ではワタクシが代わりにっ!」
あなた「あ、ちょっと」
翔平「ほおほお。良いことしか書かれてない」


目を覆ってたあなたが、翔平の携帯を恐る恐る覗く。


あなた「……」


自分に対するコメントが嬉しかったのか、じっくり読んで少し泣きそうなあなた。


『(小声)泣きそうじゃん、笑』


俺の隣を映すと、じっとあなたを見ている慎の姿が。再びカメラをあなたに向ける。


あなた「ありがとうございます」


携帯に向かってお礼を言い頭を下げるあなたは、翔平と顔を見合わせる。


あなた「翔平も、ありがとっ…て、痛いよ慎くん」


2人が見合っているのが気に食わなかったのか慎が急にカットインして2人を遠ざける。


慎「近い」
あなた「席隣なんです、仕方がありません」
翔平「あ!!」
『どうした?翔平(笑)』
翔平「あ壱馬さん撮ってたんすね、聞いてくださいよ、あなたのこと調べたら藤原樹とのカップル説がすごいんですけど」


まあ確かに仲良いもんね、樹とあなた。
でもさあ翔平、そんなこと言ったら慎が怒っちゃうよ?おこっちゃんだよ?


慎「うるさい」
翔平「はっ!みなさん聞きました?俺、先輩!」
あなた「慎くんは年齢関係なく生意気だよ」
翔平「ホントホント」
『くくっ…アホやなお前ら』


あとでツイッターあげよ笑