無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

GOTR in 福岡 ②
【あなた】
樹「まあ、クリスマスかどうかは関係ないんですけど。今日はみなさんに言いたいことがあって」
陸「え、なになに、聞いてないよ」
壱馬「なんかコワ〜」


メンバーも、なんだろ?という表情でスクリーンに映っているのでお客さんもザワザワしはじめる。


樹「翔平から聞いたカップル疑惑?があるっぽいんですが、実は…いとこです!」
15人「えぇええ?!!」


メンバーの驚きとお客さんのどよめきが会場に響く。…樹が楽しそうだったのは単に驚かせたかったからなのね笑


陸「うっそ!」
壱馬「はっ?(笑)嘘やろ、ついていけてない」
北人「え、?」
樹「マジっすよ、じゃあ写真出します?」


はい、と樹がスクリーンを指したあと出たのは私と三つ子が誕生日ケーキを食べている幼い頃の写真。


『これは知らなかったぁ……』
陸「超かわいい」
北人「ねえ本人が知らないってやばいじゃん笑」
『樹の計画的犯行ですね』
樹「成功ですね。地元なんでこの機会に言おうかと思って笑。これからも藤夏コンビをよろしくお願いします」
壱馬「え、てかさ、翔平知らなかったの?幼馴染」
翔平「えー、皆さん。僕は本当に知りませんでした。いやもうほんとに付き合ってんのかと」
『結成まで会ったことないもんね、翔平とは』


そんなこんなで方言を少し喋ったり、トークをして無事LIVEを盛り上げることができました。