無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

おでかけ
【慎】
今日は。
あなたと2人で遊びに行く。


あなた「慎くんと2人で出かけるの久しぶりだね」
『うん、最近あなた仕事多いんだもん』
あなた「ありがたいです。…寂しかった?」


ふふん、といたずらっぽく笑うあなたは、
僕が素っ気なく返すと思ってる。
だから、あえて正直に返してみる。


『うん、寂しかった』
あなた「へっ」


うわずった声で驚いたあなたは、ますます目を大きく開き、勢い良く顔を背けた。


『なにしてんの?』
あなた「いや、あの、まさかそんな風に返ってくるとは思わずですね…照れて、ます」


かぁっと赤く頰を染めたあなたが、そう言う。

…そんなこと正直に言うかな、普通。
僕も照れるんだけど…そんなこと言われたら。



(ん”ん“!ここまだ家だからね?君たち!)
(外行けっ)
(外ならいいんですか?)
(駄目!)

陸/翔平/慎/翔平