無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

カレンダー撮影③
【あなた】
翔平「夏だ!」
『海だ!』

「『青春だーー!!』」

樹「何やってんの、(笑)」
北人「俺も遊ぶー!」


全ての撮影が終わり、
翔平が波ギリギリまで走って行ってそう叫ぶので、
私も一緒になって叫んだ。

馬鹿だなぁ、とツッコミをもらったけど、
それでもみんなも遊ぶんだから一緒だと思う。


龍「あなた!これあげる!」


うへぁ、とよく分からない声が出てしまったのは、
龍ちゃんが私の手にのせた海藻のせい。

変な感触で、隣にいる慎くんに渡す。


慎「うーわ。翔平さん、」
翔平「げっ、慎!投げんじゃねえ!」
『しょうへ、山彰さんいるじゃん』
翔平「〜無理だわ!」


おりゃあ、と海に投げた翔平。

翔平が見ていた方向を見ると、
山彰さんが首を傾げ、黒い笑みを貼りつけていた。

最初に仕掛けてきた龍ちゃんは、
また新しいのを持って昂秀くんに投げていた。


慎「あなた、写真撮ろ」
『うn…わっ、!』
慎「あぶねっ!」


転びそうになった私の腕を慎くんが咄嗟に掴んで、
引き起こされた勢いでドンと慎くんの胸にぶつかり
そのまま抱き込むように支えてくれた。


『、ありがとう』
慎「ドジ。女の子なんだから気をつけなよ」


はーい、と返事をすれば
ほんとにわかってる?と怪しげに見つめて、
最後に緩くフッと笑った。

………最近慎くんにドキドキが止まりません。



(なにこのインスタ‼︎健太さん‼︎)
(えへ。だってイチャイチャしてるから、つい)
(壱馬さん動画撮ってたからもらった)
(なんでもらってんの…)

あなた/健太/慎/あなた
________⭐︎⭐︎________

[🐷北人の子豚🐷]さん、
こんな感じでよかったでしょうか…笑
リクエストありがとうございました✨