無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

ゲリラタタ①
【あなた】
LDHカウントダウンLIVE前日。

相変わらず慎くんの隣に座らされた私は、
慎くんの連写から逃れるため翔平の元へ。


『しょうへー、ひまぁ』
翔平「いまっ?!あと少しで移動だろ?!」


その状況で逆立ちしてるくせに何を言ってるの?


翔平「慎に構ってもらえ、俺は忙しいんだっ」
『慎くんドアップで撮るからさぁ。
…てか翔平、、よく逆さまで喋れるね、すごい』
翔平「いや、喋らせてんのお前」
『んふ』


翔平の前にしゃがみ込んで、
この様子をインスタのストーリーにあげようかとカメラを向ける。


翔平「似た者カップルめ、カメラを向けるな」
『映るの好きじゃん、かっこいいよ、服装は変態チックだけどね。』
翔平「…棒読み感。」


そう楽しく会話をしているとガチャ、と開いた楽屋のドア。そして流れ出すあの音楽。

スタッフさんかと思っていたから、直人さんの急な登場に反応出来ず、翔平と2人ドアのところでアワアワ。


直人「ちょ、えぇ?(笑)もうほら、行くよっ」

〈♪〜Party monsters IM GETTING DOWN!〉



直人「スゴイわ!いろいろツッコミどころが(笑)
え、普段からそんな感じなの?!」
翔平「サイドチェストの練習を。」
『そんな翔平の様子を。』
RMPG「あははっ!(爆笑)」