無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

INVISIBLE LOVE②
【あなた】
メンバーとペアでのシーンを順調に撮り終えた私は、
カメラを構えLDHtvを撮影。


『こんにちは翔平さん。いつになく真剣ですね』
翔平「I’m so serious.」


難しい、と語る翔平。
でも翔平ほんとカッコいいよ、と伝えれば、
また変なリアクションをされた。


翔平「おめぇよぉ、マジでまこに怒られっぞ?!」
『それ照れ隠しなの知ってるよ?』
翔平「…っありがとな!!!」


メンバー全員を映し終わって、撮影の様子を見学。

みんな散々私の衣装に文句をつけていたけど、
みんなも相当じゃないか。

壱馬さんネクタイどこについてるの?
海青脱いでない!って思ったら陸さん。etc…

かっこいいんですけどね、そんなので近づいて来ないで下さいね。


慎「ー?、、あなた?」
『へ、』
慎「なにボーッとしてんの?」
『いや、みんな色気あってカッコいいなぁ、と』
慎「ふはっ、顔赤いよ」
『ほんと?!』
慎「ううん、うそ。」


そう言ってまた笑った慎くん。
からかわれても、
結局一番カッコいいのは慎くんなんだよなぁ。
ちょっと負けた気がして悔しいから言わないけど。



〈あなたのシースルーのドレスについて〉

(あ、けんた分かった!
あれでしょ、invisibleで“透けてる”!なんちゃって)
(うわ。健太おもんな)
(変態)
(なんで?!)
(あなたに言ってみ)
(ヤダよ引かれるし絶対!!)

健太/陣/瑠唯/山彰/健太
[@羽ちゃんʚ❤︎ɞ]さん
リクエストありがとうございました✨
なんかオチが迷子になっちゃったけど…
楽しんでもらえてたら嬉しいです😂