無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

トレーニング
【あなた】
最近ちょっとトレーニングをさぼり気味。


『ジム、行こっかな』
慎「太ってんの?」
『そーゆうの言わないでくれる?』
慎「イッテ!」


私の脇腹を突いてくる慎くんの手を叩き落として、
海青のもとへ。


『海青、今日ジム行くの?』
海青「おう。一緒行く?」
『うん!』
海青「家戻る?着替えとか」
『ううん、着替え持ってるから大丈夫』
海青「よし、じゃあ行こ」


と、さっそくジムへ向かった。
何故か陸さんと健太さんも着いてきたけれど。


海青「あなたって細いけど綺麗な腹筋してるよな」
『ほんと?海青に褒められると自信つくね!』
海青「そう?(笑)」
健太「あなた、走ろ!」


音楽を聴きながら黙々と鍛えている陸さんの横で、ランニングマシンに体を預け、にっこにこの笑顔で私を呼ぶ健太さん。
…ほんと5歳ですね。可愛いです


海青「行ってきたら?」
『えぇー』
健太「あなた〜」
『…はーい』


最後に4人全員で鏡の前で写真を撮り、トレーニングは終了した。


『さっきの写真あげましょ』
海青「あ、あなた2人で撮ろ」
『え!』
海青「なに?いや?」
『海青から撮ろうって言うの久しぶりだ』
海青「なんかまこっちゃんたちと一緒にいるから言いづらくて(笑)」


その後、健太さんと陸さんとも撮ることになってしまいなかなかジムから出られなかった。

帰り道陸さんにインスタのストーリー用に隠し撮りされていたのを知るまで、あと少し。