無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

1泊2日慰安旅行-第4弾-I
【あなた】
慰安旅行2日目は、
みんなでお揃いのジャージに身を包み、
THERAMPAGE大運動会を開催!

全員参加となった第1競技のバドミントンで、
私的MVPは健太さん!…敵チームだけど。

第2競技は手押し相撲、
海青が樹に勝ち、残るは拓磨くんとの勝負。


『海青ー!』
陣「たっくんの攻撃効いてへんで!」
『あははっ、さすがMr.G!』
壱馬「どっち応援してんの(笑)」
『あとで私もあれ海青にやってもらおう』
慎「うわ、惜しい!海青さんファイトー
…あなたは体格差あるし負けそうじゃない?」


勝ち負けじゃなくて、
どのくらいの力か試したいだけ!と言い返せば、
Mなの?と割と真顔で返ってきた。

そーゆうことではない。


『…やった!海青勝ちー!!』


慎くんの視線を無視して海青の勝利を喜んだ。

サドンデスまで持ち込んだ、
第3競技のピンポン玉を吹き出すやつは、
陸さんと壱馬さんのボーカル対決で陸さんが制し、

第4競技のぐるぐるバットフリースロー対決は
我らがリーダー力矢さんがシュートを決め、
そのまま勝利。


『慎くん可愛かったね、シュート打つの』
慎「あれはマジで打てない。ぐわんぐわん」
『ぐわんぐわん…ぐわんぐわん、』
慎「うるさ(笑)」


慎くんの言葉を真似をして近づくと、
恥ずかしそうに笑った慎くんが
私の視界を覆うように自分のキャップを被せた。