無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

疑惑
【あなた】
慎くんは、基本的に壱馬さんか翔平か最年少組一緒にいる。特に壱馬さんと。

2人が部屋から出てきて並んで席に着いて楽しそうに写真を撮り合ったり。


慎「壱馬さん壱馬さん、見てくださいよ」
壱馬「おー!すげえ、どうやったん?」


ソファでくっついてゲームの話をしたり。

いつも壱馬さん、って…・・もしかして好きなの?


慎「何やってんの?百面相だよ」
『ま、慎くんのせいだよ』
慎「はあ?」


もやもやと考えていると慎くんが来た。慎くんが壱馬さんを好きかも、、と思い始めてしまいなかなか顔が見れずどうしたらいいか分からない。


慎「ねえ、見てこれ。壱馬さんにもらった」
『ふーん』
慎「あれ怒ってんの?」
『怒ってないよ』
慎「じゃあなんでこっち見ないの?」
『そういう日』
慎「なにそれ。はい、こっち見て」


ぐいっと頰をつかんで自分のほうに向けた慎。


慎「顔赤いよ、照れてんの?」
『べ、べつに』
慎「チューしてあげようか?」
『っ…馬鹿!壱馬さんが好きなくせに』


そう言ってしまったあと、はっと慎くんを見る。だけど至って普通のリアクション。


慎「壱馬さんが好き?」
『…そう』
慎「僕が?」
『うん』
慎「どういう感じで?」
『え、だから…恋愛的に?』
慎「え、アホなの?」
『ひどい』
慎「どっちがだよ。僕はゲイじゃありません」


・・・そうなんだ。壱馬さん振られちゃったけど(そもそも告ってない)、なんか安心した。


慎「なに、嫉妬?」
『…まさか』
慎「今間があったよ。隠すの下手だね」
『〜うるさい、もうどいて!』
慎「やだ。だって嫉妬とか可愛いじゃん」
『からかってないで離してってば!』
慎「からかってないよ、別に。こうでもしないと男が好きって思われるから」
『わ、わかった、二度と言わない』
慎「ん」



((あいつらまたイチャイチャしてる…))
(あれで付き合ってないとか意味わかんない)
(振られましたね)
(振られてんわ!笑)

RMPG/北人/翔平/壱馬
[🐷北人の子豚🐷さんリクエストより]