無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

【翔平】
『なんっじゃこりゃ……』


思わずそう言ってしまうこの光景。

ソファに重なる大量の服と
あなたを囲うように携帯を向けるメンバーたち。
……さすがに浦川も驚きますよ、なにこれ


北人「おっ翔平も来た〜」
『え、あの、なにしてんすか』
壱馬「慎があなたに服選んでんの。部屋じゃ狭いからってさ。もちろん着替えは部屋でやけど」


いやこれはもはや……ファッションショーでは?!
と思うくらいの盛り上がりよう。

あなたが着替えに行った隙に慎をとっ捕まえる。


『まこ、聞きたいことがある』
慎「はい」
『……なんで全部お前の服なんだよっ』


そう。ソファに重なるのは慎の上着。
ズボンはあなたのものらしいけど。


慎「僕の服でコーディネートします」
『慎の服、超メンズじゃんか』
慎「だからですよ」
『女の子らしい服が好みじゃなかったっけ?』


なのにわざわざメンズ系にするのか?と聞けば。

わかってないっすね、と肩に手をやる。
…俺先輩!


慎「あなたが着るならなんでも好きですけど。
僕の服もアリかなって、男除けに。」


ちょっと大きくて可愛いんです、と笑った慎。
……なんだよ可愛いなっ!!!!


『好きだねぇ』
慎「はい、好きです」
『お前ほんっと可愛いな』

海青「樹ー、翔平がなんか目覚めそうー」
『ばっ、ちげえわ!!!』