無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

騙された
【健太】
番組企画で沖縄に来たよ、健太です。


あなた「瑠唯さんの地元良いとこー!」
『ねえ健太も地元よ?』
あなた「知ってます」


いたずらっぽく笑うあなたも可愛い。
撮影が終わり移動車で隣の席に座ったあなた。


あなた「健太さん、方言教えてください」
『方言?いいよ、何知りたい?』
あなた「ありがとう、は?」
『にふぇーでーびる、少し堅いけどね』
あなた「にふぇーでー、、びる?」
『うんうん』
あなた「じゃあ健太さんが教えたい言葉で」
『俺ー?うーん、、あ!』


健太いいこと思いついた。


『かなさんどー』
あなた「かなさんどー…どういう意味です?」
『、、ありがとう、さっきより柔らかい言い方』


ほんとは違うけど。
へぇそうなんですね!と復唱するあなたに自然と笑みがこぼれる。
瑠唯がいたら意味バラされるから良かったあ〜

ホテルに着き、それぞれ部屋に戻るメンバー。


あなた「健太さんさっきはありがとうございました。えっとー、かなさんどー!」
『うん、健太もかなさんどー!』


ばいばいして、他のメンバーにも言ってるあなた。
みんな意味が分かんなくて困ってるけどね。
…かなさんどー、だって。健太嬉しい


(それどういう意味だと思ってるの?)
(え、ありがとうじゃないんです?)
(それ“愛してる”って意味だよ)
(・・え!?)
(健太に騙されたね(苦笑))
(いつも“好き”とか“愛してる”って言わされる…)

瑠唯/あなた