無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

378
2018/03/29

第12話

届く時がある
いつも、心のどこかで泣いていた
それがバレないように、表情に出ないように
必死だった
雫
おはよぉ
蒼(アイク)
蒼(アイク)
おはよ、何食べる?
今日は休日、学校に行かなくていい
雫
...トースト1枚でいいよ
チーズ乗せ
蒼(アイク)
蒼(アイク)
わかった、今日一緒に出かけるか?
雫
昼のあとなら...行く
蒼(アイク)
蒼(アイク)
うん、決まりだな
蒼兄さんと出かけるのはいつぶりだろう
蒼兄さんは、母の再婚相手の息子で
今は母さんも義父さんも...
蒼(アイク)
蒼(アイク)
あ、そういえば、葉書きてたよ
まだ帰れそうにないって
雫
ふーん
仕事の関係で海外にいる
蒼(アイク)
蒼(アイク)
はい、ご飯
雫
ありがとう
食べ終わると
蒼(アイク)
蒼(アイク)
あ、今日は海來と、夏空と雪とともが来るよ
雫
多いね
蒼(アイク)
蒼(アイク)
まあな
しばらくして
( ´-ω-)σ ピンポーン♪
蒼(アイク)
蒼(アイク)
お、きたきた
雪(バステン)
雪(バステン)
おじゃましまーす
翔望(とも)
翔望(とも)
おじゃまー
夏空(ソーラ)
夏空(ソーラ)
おじゃまします
海來(ドミニク)
海來(ドミニク)
おじゃまします
みんなでお昼ご飯食べて
蒼(アイク)
蒼(アイク)
さーて、出かける準備するかー
2階に行くと
蒼(アイク)
蒼(アイク)
雫、大丈夫だからな、みんなに笑顔を届く時が来るから
雫
...うん