第75話

7,203
2022/07/09 13:40





やまと「あなた〜!TikTok撮ろ!」





『いいよ〜!』








だんだん敬語も少なくなって、TikTokまで撮れるようになりました












━━━━━━━━━━━━━━━








とある日






LINE









やまと
やまと
カップルYouTube始めよーよ
(なまえ)
あなた
いいね!
コムドットメンバーには言ったの?
やまと
やまと
一応言った
やまと
やまと
今から本格的に話し合うから、
あなたも来てくれない?🙏
(なまえ)
あなた
わかった!今すぐ行くね🏃









ついにカップルYouTube始めるのか!



嬉しいな、💗🤦‍♀️

















コムドットハウス






ガチャ、






ゆうた「、……なんだよ!、」





ん?何か言い合ってるのかな、









リビングに入りずらくて、玄関で止まっている







あむぎり「あれ、あなたちゃん来てたの!
入っていいよ!!」






『、はい』









リビングに入ったものの、何この空気




すごく静かで、この世の何もかもが止まったかのような、









やまと「あ、ほんとに俺らでYouTube始めるから」






ゆうた「それはしてもらってもいいけど、流石にコムドットを本業にしないのはやばくない?」








ん?どういうこと?






やまと「だからさっきも言ったけど、俺はあなたと頑張りたいの」






ゆうた「だからって、、」






言葉を無くすゆうたくん









また、静かになった







ひゅうが「ゆうた、やまともしっかり考えて言ってんだと思うよ」







ゆうた「………」








ゆうた「俺らでさ、頑張ってきたじゃん、」







やまと「、わかってるよ!」







怒鳴った声でやまとくんは言った









どういう状況か全然把握してないけど、






『や、やまとくん、怒鳴るのは違うと思う』






『あと、コムドットを本業にしないってどういうこと?』







ゆうた「あなたちゃんに言ってなかったのかよ!」






やまと「あなたとこれから頑張りたいし、
今までよりもっと一緒にいられる時間が多くなるんだよ?」






『そ、それは、、、』










ひゅうが「あなたちゃんがこのこと知らなかったのは想定外だったからまずは、あなたちゃんとやまとが話し合いな?」









そう言ってコムドットメンバーは出ていき、やまとくんと、2人きりに















『あのね、やまとくん。』







やまと「ん?」









『たしかに、今までよりもっと一緒にいられる時間が多くなるのはとっても嬉しい、』






『でも、コムドットのことを手放してまで私とはいちゃいけないよ、』





『いや、一緒にいないで』






やまと「なんd」






『地元ノリを全国へ、幼なじみを手放してでも恋人を優先する地元なの?違うでしょ!』







なぜか涙が溢れてくる








『もっと大きくなって、日本を獲るんじゃないの?』








やまと「それは、そう」






『あんなにゆうたくんが熱くなってたのなんか中々ないよ!それだけやまとくんにいて欲しいってことなんだよ!!』






やまと「っ、」






『やまとくん、みんなのこと嫌いなの?』






やまと「そういう訳じゃないよ、
もっとあなたを大切にしたいと思って」










『それじゃあ、私のこと大切にできてないよ』









『今までどうり変わらない毎日、
仲のいいコムドット、
たまに行ける動物園、
たまに会えるとき、』









『私はこれが好きだから、大好きだから!』







やまと「、、わかった、
じゃあ、メンバー呼んでくるね」





















ガチャ









みんな「ドッキリでしたぁああ!!」






『えっ?!』







ゆうた「wwwあなたちゃん泣いちゃってんじゃーん!」






ひゅうが「びっくりだったよな!!」






やまと「ごめん!あなたー!」






『もぉ、びっくりした』






目から大粒の涙が







やまとくんまで泣いてる









やまと「いい彼女もちましたぁ!」






『笑笑 もう、ドッキリはやめてね』










みんな「wwwwww」



















next



プリ小説オーディオドラマ