無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

🧃





「さ ぁ こ ち ら へ ... ,」




と 俺 の 背 中 に 触 れ 個 別 部 屋 に 連 れ て か れ た


少 し ド キ ド キ し な が ら も そ れ に 応 え る よ う ゆ っ く り 歩 く 。
_@目黒 蓮_
(目黒 蓮)
(ち ょ っ と 怪 し す ぎ な い か )

し か し こ れ も 役 の た め 。
我 慢 我 慢 ...






連 れ て こ ら れ た の は と て も 大 き な ベ ッ ト の あ る と て も 雰 囲 気 の あ る 広 い 部 屋 。



「男 の 人 が く る の は 珍 し い …。基 本 こ こ は 女 の 人 し か 来 ま せ ん か ら ね ... 。」
_@目黒 蓮_
(目黒 蓮)
そ 、そ う な ん で す か  ... ,

「し か も 初 め て で こ の 店 に 来 る と は な か な か で す ね 。」



定 員 さ ん は ジ ャ ケ ッ ト を 脱 ぎ 捨 て 俺 に 話 し か け て く る


_@目黒 蓮_
(目黒 蓮)
  ッ  ...  え   ,


え ...、俺 行 く 店 間 違 え ち ゃ っ た ... ?






「 今 夜 は 楽 し み ま し ょ う ね ... 」








彼( 定 員 サ ン) は 俺をベットに押し出した






N E X T