第2話

1
109
2021/08/10 17:36
彼氏ができないことに悩んでいて改札でため息を漏らした時、


『お姉さん、どうしたんですか?ため息なんかついて』


若い男の人がそう声をかけてきた






「いや、大丈夫です!すいませんなんか…笑」






『ほんま、ですか?もし良かったら話聞きますよ?ていうか話したいです。』









おお、この子かなり積極的だ。









「まあ、そんな急ぎじゃないんで話できますけど、、、」

『ありがとうございます!電車待ってる間話しましょ』

「はい、、、」









『あ、俺高橋恭平っていいます。』

「橋本あなたです。まあ話すのこれっきりだと思うけど、、、」

『わかりませんよ?笑
んで、あのため息の理由はなんなんですか?』

「ああ、あのね、最近彼氏ができないことに悩んでて、その時にイチャイチャしてるカップルを見てしまって、しんどくなったんです。」

『…なるほど』

「5年前までいたんだけど、高校卒業と同時に別れちゃって。
未練はないけど忘れられなくて。もうそろそろ新しく恋がしたいなあって。」

「ってごめんなさい笑
初めてなのに過去の恋愛話って。笑」

『そうなんすね。俺は言えることないけど…』

「そうですよね笑
でも友達にも先輩にも「30代になったらできる!大丈夫!」って言われるんです。だから今はもう、諦めてます。笑笑」



『へー』


『あ、そうや!急に言うのも申し訳ないけど』










『俺を彼氏にしません???』







「え、?」



『急でごめんなさい笑』


「急すぎるよ笑
とりあえず今は、ごめんなさい。ちょっと急すぎる…」

『まあそうですよね!!でも、仲良くなりません?』

『だから!今度ご飯行きましょ!』

「え!?ま、いいけど…」




ほんとにこの子積極的すぎる。

さっきも急に告白?って…






『じゃあ、連絡先交換しましょ!!』

そう言って、QRコードを差し出されたから、私も読み込んだ。


『また後日連絡します!あ、タメ口で行きましょ!』

「そうです…そうやね!!」

『うん、じゃ!』







電車に乗り


「あの子積極的だったなあ。」とか「あんま顔見えなかったなあ。」って考えてた。


話してる感じでは、いい人そうだけど、顔だけはわからないな。気になる、、、


今度ご飯行くなら見れるかな?

ちょっとウキウキする。










ピコンッ


高橋でやんす
あなたさん!高橋恭平です!



意外と連絡来るの早いな笑笑


はしもと
高橋くんって呼べばいいかな?笑
はしもと
私のことはなんて呼んでもいいよ!
高橋でやんす
じゃあ、あなたさんって呼びますね!
はしもと
うん!
はしもと
で、ご飯のこと、どうする?
高橋でやんす
あー、俺はいつでもいけますよ
はしもと
私もいつでも行ける笑
あ、明日はさすがに、、無理?
高橋でやんす
いけます!!
はしもと
じゃあ明日でいいね?
高橋でやんす
明日で、あの駅集合で!
はしもと
わかった!じゃあまた明日!
高橋でやんす
めっっちゃ楽しみにしてます!
はしもと
私も、かな?笑
めっちゃ楽しみになった。

服とかもう考え始めてる。

だって男の人とのご飯とか久しぶりすぎて、、、

緊張するなぁ

プリ小説オーディオドラマ