無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

ヌッパン①
スニョン
ねえ、なにこれ
ジフナ
なに?
スニョン
これ何って聞いてるんだけど
ジフナ
俺とドギョマ

しら切りやがって
これはさすがにないよ、ジフナ


ーー

俺らは、Vライブでヌッパンをした
ヌッパンとは思えないような


うるささだったてことは自覚済みだ


ごめんね、カラットちゃん


俺とジフナは近くもないし


遠くもないという微妙な距離だった


ジフナの隣は、ドギョマ
あいつは要注意人物だ
いつジフナを取られるか分かんねえ
ジフナもどぎょまにベタベタだし
ハニヒョンほどでは、ないけど


やっぱりさ、、予想通りだったよね


めっちゃイチャついてたし
ジフナの彼氏は誰?!俺でしょ!!
何で嫉妬させるようなことをするのぉお


俺がチャニとイチャついたらめっちゃ拗ねたくせに
泣いたくせに、、ホントにもう


前ね、チャニと遊んでたら


ちょっとイチャついてたかも、、
そしたらジフナが泣いてるってハニヒョン言うから
部屋行ったらさ、、
ベッドの隅で体育座りして泣いてたんだよね


どうしたの?ジフナ、っ近寄ってたら
来るなっお前なんかチャニとイチャついてたらいいっ
って、泣いて言ってくるから、、


嫉妬したんだかわいい♡♡なんて思いながら
ごめんね、って頭撫でてあげたらもっと泣いちゃって
寂しかったっっすにょぉ、なんて言ってくるから
もう、、ちょっと危なかったよね
なんとか理性保てたけど
ごめんね、ジフナ、俺はジフナだけだから
ギュッてしたらまた泣いてきてもう大変だった
ジフナも嫉妬するんだって、、嬉しかった


なんてなんて!!!やってたのに!!
なにあれ??!
俺のことはどうでもいいの?!


ーー
スニョン
なんじゃこれえええええ!!!!
ミンギュ
ホシヒョンうるさい
スニョン
いやいやいやいや、え?ホントになにこれ
え、俺、、もダメな感じ??
ジフナの彼氏名乗れなくなっちゃう??
嘘だろ、、ジフナア"ア"ア"ア"ア"
ミンギュ
どうしたんですか、、
スニョン
ミンギューーー
ジフナを呼んでこいー
ミンギュ
はぁい

すまん、ミンギュ

、と言う訳で冒頭に戻ります

(ここから会話文多めです)


ーー
ジフナ
ドギョマ頼まれたからやっただけだし
スニョン
いや、頼まれても普通こんなのしないでしょ
ジフナ
俺は頼まれたら断れないんだ
スニョン
そんなの言い訳
俺がいるのになんでこんなことするわけ?
ジフナ
知らん
スニョン
知らんじゃねえよ
おい、なんだよお前、
俺がチャニとイチャついてたら
拗ねて泣いてたくせに、、
俺のことはどうでもいいのかよ
自分が嫉妬しなかったら
なんでもいいのかよ、おい
マジで、、ふざけんじゃねえぞ
ジフナ
っっうぅッグスッ
スニョン
いや、泣きたいのはこっちなんだけど
何泣いてんの?俺の方が辛いのわかるよな?

悪いけど、怒りは収まらないから
スニョン
どうせ許してくれるだろとか
軽く撮ったんだろ?
いや、まず俺のこと考えなかっただろ
ホントにどうすんのこれ
前言ったよね、ドギョマには
あんまベタベタすんなってなのになn

パチンッ
スニョン
いった、、
ジョンハン
もうやめろ
スニョン
は?

なに、ハニヒョン、、
ジョンハン
ジフナおいで
ジフナ
うぅぅぅッッふぇっンッグスッ
スニョン
え、今ジフナと話してるんだけど
ハニヒョン関係ないよねっ?!
邪魔すんなよッッッ!!

ダンッッ
ミンギュ
ちょっヒョン!!

机に八つ当たりした
ジョンハン
スニョン!冷静になれよ、!
スニョン
なれるかよッッ!!
返して、ジフナを返せ
俺のジフナだ、、誰にも渡さねえから!!
返せ、返せよ!!
ジフナ
、すにょ、、っ

パンッ
スニョン
イ"ッッウッ
ジフナ
、すにッッ!!

無様に倒れた
すんち
おい、これ以上暴れたらもう一発行くから
ジフナ
ゃ、や、やだっっっ!!

ジフナ、、?
何してるの、そこは危ないよ、っ


倒れた俺の前に、庇うように大の字になり立っていた
すんち
ジフナ、
ジフナ
もう、やめてッッグスッ
すにょをも、もう傷つけないでっっ

大量の涙を流しながら必死に俺を庇っていた
ジフナ
俺が悪いのッッ
俺を殴ってよ、っっ
すにょは、ウッ悪くないの!!!
スニョン
ジフナ、、