無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9話
あなたside
やっぱりお兄ちゃんはなんにも分かってくれないんだ...
少しは信じてくれたかと思ったよ 笑
橘  〇〇
橘 〇〇
はっ、はぁはぁハァ…
たす...けハァ…て
はるかside
たくっ何してんだよ俺は、
あなたの話聞いてやれなかった
橘 はるか
橘 はるか
あれっ?
あなたっ!!
橘  〇〇
橘 〇〇
ハァハァハァハァ
橘 はるか
橘 はるか
あなた落ち着けっ!!
ゆっくり深呼吸してみろ
橘  〇〇
橘 〇〇
ハァハァは〜っハアは〜す〜は〜す〜
橘 はるか
橘 はるか
大丈夫か?
橘  〇〇
橘 〇〇
ん、
橘 はるか
橘 はるか
そっか、もう帰ろう
橘  〇〇
橘 〇〇
...ん
橘  せとか
橘 せとか
あっ!
お兄!あなた!
橘 はるか
橘 はるか
ただいま
橘  〇〇
橘 〇〇
...ただいま
あなたが部屋に戻る
橘  せとか
橘 せとか
えっ あなた?
橘 はるか
橘 はるか
おい、待てよ!あなた!!
橘  〇〇
橘 〇〇
話かけないで!!
-------------------
作者
作者
ほんっとに遅くなり申し訳ありませんm(_ _)m
お気に入り ✨25✨ !?
皆さんありがとうございます!
こんな私ですがこれからもどうぞよろしくお願いいたします(`・ω・´)