無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

11話
~夜~
橘  〇〇
橘 〇〇
(喉乾いた〜😖)←ベットから出る
お茶飲みに行こ!
階段をおりる
お母さん
お母さん
あっ!あなた
あなたのこと、はるかから聞いたわ...
話をちゃんと聞いてあげられなくてごめんなさいね...😢(泣)
橘  〇〇
橘 〇〇
えっ、ちょ、
橘 はるか
橘 はるか
お袋?
...何泣いてんだよ!
お母さん
お母さん
えっと、あなたと話してて...(泣)
橘 はるか
橘 はるか
あなた…?
橘  〇〇
橘 〇〇
(また信じて貰えないの?)
もう嫌だ!
パパもママも、お兄ちゃんもせとちゃんも、大っ嫌い!!(泣)
あなたが家から出ていく
お母さん
お母さん
どうしましょう、あなた...
お母さんのせいで、ごめんなさい(泣)
橘 はるか
橘 はるか
お袋は、ここに居て!
必ず見つけて帰ってくるから!!
せとかが落ちた崖
橘  〇〇
橘 〇〇
ポロッ←涙
私がッ…私っていない方がいいのかなぁ(泣)
落ちる寸前で...
はるかside
誰が落ちようとしてる...
泣いてる…?
あなただ!!
あなたが落ちる瞬間…!!
橘  〇〇
橘 〇〇
(あれっ?落ちてない)
橘 はるか
橘 はるか
ってぇ...
大丈夫か?
橘  〇〇
橘 〇〇
えっ?
(お兄ちゃんが?なんで、)
落ちる寸前に、あなたを後ろに引っ張って
道の方に倒れ込んだ
橘 はるか
橘 はるか
なんでこんなことしたんだよ!
橘  〇〇
橘 〇〇
だって...私の事疑うんでしょ?(泣)
それなら、私はいない方がッ…私が消えちゃえば...
みんな幸せなの!!
橘 はるか
橘 はるか
ホントにそう思ってんのか?
ほら、みんな心配してる、帰ろう…←手を差し伸べる
橘  〇〇
橘 〇〇
(あれっ?立てない...)
橘 はるか
橘 はるか
おい、大丈夫か?
乗れよ←おんぶの体制になる
橘  〇〇
橘 〇〇
ごめんなさい、
橘 はるか
橘 はるか
もう、謝るな...
謝るのは俺の方なんだから
橘  〇〇
橘 〇〇
ありがとう、重いよ?
橘 はるか
橘 はるか
(軽!!)
これのどこが重いんだよ...たくっ
橘  〇〇
橘 〇〇
(寝てる😴)
橘 はるか
橘 はるか
ごめんな、あなた
傷つけて、こんな小さい体で耐えてきたんだもんな、←小声
橘  〇〇
橘 〇〇
ん...おにいちゃ、せとちゃ…大好き←寝言
橘 はるか
橘 はるか
可愛すぎな←小声
(また一緒に笑えるようにちゃんと謝って仲直りしよう)
2人は一緒に家に帰った