無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

six
部屋に案内されて。ベッドで寝ていると違和感を感じた




目を開けるとそこには
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァー!!!!
サンジ
サンジ
カーナすわんっのおむね気持ちぃ!
バンッ
ニコ・ロビン
ニコ・ロビン
カーナ!
モンキー・D・ルフィ
モンキー・D・ルフィ
どうした?
ロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロ
おい!離れろ!くそコック!
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
離れてください!
サンジ
サンジ
やだぁ
スリスリ
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
やめてください!お願いします!ハァハァハァ
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
ごめんなさい。なんでもしますから、やめてください。
ロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロ
くそコック!どけ!
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
ハァハァハァハァハァハァハァハァ
ニコ・ロビン
ニコ・ロビン
カーナ!大丈夫よ。あいつはもういないから!
カーナを苦しめるものはもう居ない!
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
知ってるけど、やっぱりあの事思い出すと震えが止まらなくて。ハァハァハァ
ニコ・ロビン
ニコ・ロビン
カーナ!しっかりして!
ギュッ
ロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロ
大丈夫だ!
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
うっ 涙
ロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロ
大丈夫、大丈夫!
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
なんで、ごんなやずのあいでずるのー?(なんで、こんなやつの相手するのー?)涙
ロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロ
なにいってるのかわからん。
サンジ
サンジ
カーナすわんっ。すまねぇ、つい。
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
いいです。 涙
ロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロ
くそコック!お前は、やりすぎだ!
ロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロ
人の気持ち考えろ!
サンジ
サンジ
お前には関係のないことだ
ロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロ
関係あるかないかは誰が決めるんだよ!誰も決めたらダメだろ
ロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロ
やめてって言われたらやめるのが本当のレディーにたいしての礼儀じゃねぇーのかよ。
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
もういいです。
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
一回ゾロさんと二人にさせてくれますか?
ニコ・ロビン
ニコ・ロビン
いいわよ
みんなは部屋から出た。
ロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロ
なんか話でもあるのか?
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
さっき言ってた付き合う話なんだけどさ
ロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロ
返事か?
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
うん、
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
私はあなたのことをなんにも知らない、だけど知りたいの。だから付き合ってくれますか?
ロロノア・ゾロ
ロロノア・ゾロ
もちろんだ。
ニコ・カーナ
ニコ・カーナ
ありがとう。
それで今に至る。