無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

壱話
玄弥
玄弥
おはよう
花菜
花菜
おはよう
カナヲ
カナヲ
おはよう
玄弥
玄弥
カナヲ
カナヲ
どうしたの?
玄弥
玄弥
兄ちゃん弁当忘れている
カナヲ
カナヲ
私も
花菜
花菜
私もだ
カナヲ
カナヲ
行く前に学校に寄って学校でピアノ弾いてから行こう
玄弥
玄弥
うん
その頃学校では、
しのぶ
しのぶ
私としたことがお弁当を忘れるなんて
うっかりです。
カナエ
カナエ
あらあら〜
お弁当を忘れてしまったわ
実弥
実弥
俺の弁当がない
天元
天元
俺も派手に忘れたな
その頃三人は,キメツ学園前にいる
玄弥
玄弥
着いた
カナヲ
カナヲ
無視していこう
花菜
花菜
コク
職員室前
ピシン

黙って開ける
ガラガラ
花菜
花菜
兄ちゃんいた
天元
天元
どうした
花菜
花菜
はい弁当
天元
天元
ありがとう
玄弥
玄弥
兄貴
実弥
実弥
どうした
玄弥
玄弥
弁当
実弥
実弥
ありがとう
カナヲ
カナヲ
カナエ姉さん,
しのぶ姉さんはい弁当
しのぶ
しのぶ
ありがとう
カナエ
カナエ
ありがとうカナヲ
玄弥
玄弥
音楽室空いてる?
カナエ
カナエ
空いてるよ
いこう
三人で連弾
1 千本桜
2 TikTokメドレー
1人づつ
カナヲ 夜に駆ける
玄弥  ピエンの歌
花菜  ヴィラン
踊る
花菜
花菜
これでいい?
カナヲ
カナヲ
うん
玄弥
玄弥
うん