プリ小説
一覧へ

第1話

いち
星羅
大希~!
星羅
早く!早く!
大希
走ったらこけるぞ~
星羅
大丈夫だって!
星羅
それより早く来てってば!
大希
ったく、しょうがねぇな~
俺は今、星羅と遊園地に来ている。
今日は俺と星羅の1年半の記念日
俺たちは高校1年のときから付き合っている。
...
入学式_
ドンッ
大希
あ、すいません
星羅
ごめんなさい!
大希
怪我してないですか?
星羅
あ、はい!大丈夫です!
大希
それならよかった((ニコッ
星羅
...///
ほ、ほんとすいませんでした((ペコッ
大希
いえ、俺がちゃんと前見てなかったせいで
星羅
私もちゃんと前見てなかったので...
星羅
ほんとすいません!
大希
いえ、全然大丈夫です
星羅
それでは((ペコッ
大希
また会えたらいいですね
星羅
はい!
俺はそのときからずっと彼女がすきだった。















...


俺は...あった。3組だ。
教室に入った瞬間、俺はなぜか心臓がなった。
だって
入学式のとき俺とぶつかったあの子がいたから。
星羅
あ、
大希
入学式のときの...
星羅
覚えてくれてたんですね!
大希
はい
大希
ってか、同級生だし敬語やめない?
星羅
そうだね!
星羅
あ、自己紹介まだだったね!
星羅
私は今井星羅!
大希
俺は長谷川大希
星羅
じゃあ大希くんって呼ぶね!
大希
俺はなんて呼べばいい?
星羅
大希くんは私のこと星羅って呼んでいいよ!
大希
わかった
大希
よろしくな、星羅
星羅
大希くん、よろしくね!
その日から俺たちは仲良くなった。
俺は星羅にどんどん惹かれていった。
そして、
















8月20日_
俺は星羅と夏祭りに行った。

















ドォン

















俺は花火が上がった瞬間
大希
星羅
星羅
ん~?
大希
俺、入学式のときからずっと星羅のことが好きだった。それから星羅と仲良くなっていくうちにさらに惹かれていった。俺は必ず星羅を幸せにする。だから俺と付き合ってください。
星羅
うぅ...(泣)
大希
え、ちょ、星羅!泣くなよ!
星羅
だって...嬉しいんだもん...(泣)
星羅
私も大希くんのことずっと好きだった。
大希
ほんとに?
星羅
うん
大希
やばい。めっちゃ嬉しい
星羅
だから、よろしくお願いします((ペコッ
大希
よろしく
大希
じゃあ
大希
これからは呼び捨てな
星羅
うん!
星羅
わかった!
星羅
大希大好きだよ!((ニコッ
大希
ばーか///
そして今にいたる。









星羅、大好きだからな







いや、

















愛してる

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あさひ
あさひ
気軽に作品出します‼