無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

さん
星羅
え?
星羅
だれですか?
大希
え?
大希
何も覚えてないのか?
星羅
あの~
大希
俺のことも...!
大希
俺との思い出も...!
大希
全部!
大希
覚えてないのか...?
星羅
ごめんなさい...
星羅
覚えてないと思います...
星羅
わかりません...
星羅
ほんとにごめんなさい...
大希
うそ...だろ...
大希
なぁ嘘だって言ってくれよ...
看護師
星羅さんは...
看護師
事故当時、頭を強くうった衝撃で記憶喪失になられたと思われます。
大希
まじかよ...
俺は泣いた。これまでにないほど泣いた。
声を殺しながら泣いた。