プリ小説

第2話

遊園地からの帰り道_
星羅
今日は楽しかった!
星羅
ありがと!
大希
俺も楽しかった
二人で歩いていると
一人の男の子が横断歩道に飛び出した
星羅
あ!あぶない!
大希
星羅!
ドンッ
星羅は男の子を守った。

男の子は無傷だった。
だけど、
















星羅は
















頭から血を流してた。
すぐに救急車を呼んだ。
緊急治療が始まって俺はずっと星羅を待っていた
...
治療が終わった




星羅が助かったのは奇跡だった。












俺はすぐに星羅のところに行った
大希
星羅!
だけど、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あさひ
あさひ
気軽に作品出します‼