無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話
-明後日-
私
よし、行ってきます!
バタン
トコトコ
私
着いた!さあ入ろうっと、
ウィーン🚪
歌い手事務所の社長
歌い手事務所の社長
あ、こんにちは!(私)さんですね!どうぞこちらに
私
こんにちは!はい!分かりました
部屋に入って→座る
歌い手事務所の社長
歌い手事務所の社長
えーっと、るぅとくんの専属マネージャーになる、ということでご説明させていただきます。
私
はい。よろしくお願いします!
歌い手事務所の社長
歌い手事務所の社長
~~~~~~~~~で、シェアハウスをしてもらい、日常生活のお手伝いをしてもらい、スケジュール管理をしてもらいます。
私
(あ、シェアハウスね、でも、面白そう!)分かりました。シェアハウスって住所どこら辺ですかね、
歌い手事務所の社長
歌い手事務所の社長
~~~~~~です!
私
はい!何日の何時に行けばいいですか?
歌い手事務所の社長
歌い手事務所の社長
えー、1週間後の昼頃までにですね!
明日はいよいよるぅとくんに会っていただきたい!
私
ほんとですか!了解です!!今日と同じ時間でいいですかね、
歌い手事務所の社長
歌い手事務所の社長
はい!よろしくお願いします
私
それではまた明日。失礼します
歌い手事務所の社長
歌い手事務所の社長
はーい!ありがとうございました!
バタン🚪
私
(あー、明日いよいよるぅとくんに会うのかー、そして1週間後はるぅとくんとシェアハウス。楽しみだなぁ)