無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

CHAPTER21
その後も、光と大翔の間には何も起こらず、ただ時間だけが
過ぎていった。
百瀬
うぐっ……榊ったら……!!
せっかく時間を作ったってのに
何も進展がないじゃない……!
裕翔
も、百瀬……!
一日じゃ、無理もないよ……
それに、もうこんな時間だよ
流石にそろそろ合流しないと
怪しまれるんじゃない?
百瀬
……それも……そうだね
百瀬は、はぁっと溜息をつき、立ち上がった。
百瀬
裕翔くん、今日は一緒に居てくれて
ありがとう。
ーじゃあ、私は光の所にいくね
裕翔
うん、俺も兄ちゃんの所に行かなきゃ
百瀬
別々に行かないと、怪しまれるよね?
ー私、先に行くよ
百瀬はすぐに動き、光の元へ行く。
百瀬
ひーかーるー!
あっ、ももちゃん!!!
光は百瀬を見つけるなり、抱きつく。
もうっ、探したんだよ!!
ももちゃんったらどこにいたの?
百瀬
それはこっちのセリフだよ。
……あら榊といたの?
うん、たまたま会って……。
大翔
ちょっ……石田……っぐむ!?
百瀬は大翔の隣にいくなり、光に見えないように
大翔のお腹をつねった。
大翔
(何すんだよ……!?)
百瀬
(ちょっと、黙ってて?)
どうしたの、榊……くん?
どこか痛いところが……?
大翔
あぁ、いや!!!
大丈夫大丈夫!
百瀬
で、光、榊と何してたの?
百瀬は光にさらっと、尋ねた。
んー……何してた……かな?
大翔
……えっと、歩いて……歩いて…
フードコートで飲み物飲んで……。
結局、歩いてばかり……だね
でも私は楽しかったし……。
百瀬
もう、何してるのよ
……まぁ光が楽しかったって
言うなら良いんだけど……。
光は優しく笑った。
ももちゃん、もうこんな時間だよ
そろそろ帰らないと暗くなっちゃう!
百瀬
もうそんな時間か……。
それじゃ、榊また学校でね
大翔
お、おう……
光と百瀬は、仲良く帰っていく
大翔
なんなんだよ……ほんっと、調子狂う……
真野にはいつも通り、狂わされるし
石田に妙に気を使われるし……痛っ!?
裕翔
兄ちゃん、帰るよ。
大翔
裕翔……!?
帰ってなかったのかよ!
ていうか、殴るなよ!
裕翔ははぁっ、と1つため息をついた。
裕翔
兄ちゃんが家の鍵持ってるんだもん。
家に入りたくても入れないよ。
それと、百瀬は友達との時間を兄ちゃんの
ために割いてくれたんだから感謝しなよ?
大翔
なんだよ……裕翔……。
なんかすっごい、石田と仲良くなってんな
裕翔
そう……?
というか兄ちゃんはあの子と
距離縮めなさすぎ。
大翔
俺にだって、得意不得意あるんだよ……
2人は、あまり変わらない背丈を並べて帰っていった