無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

夢..
悪魔との会話は嫌なほど覚えている。

でも、もしかしたら..

全て夢なのではないかと

母さんが死んだのも、悪魔も

存在しえない事なのかもしれない。

そう思いたい気持ちが勝ってしまう。
裕斗
裕斗
おはよう。。。
渚
おはようございます..
裕斗
裕斗
ちょっと体調悪いから...
今日は、会社休むよ..
渚
大丈夫ですかっ..??
ゆっくり休んでください..
裕斗
裕斗
うん、ありがとう
渚
......ブツブツ..
裕斗
裕斗
....?
裕斗
裕斗
渚。。?
渚
えっ?
裕斗
裕斗
いや何か..ぶつぶつ言ってたからさ
渚
そんな事言ってましたか...?
裕斗
裕斗
渚も色々あって
疲れてるんじゃないのか。。?
渚
そうかもしれません....
悪魔、悪魔...

お前が現れたせいで、

渚も、普通の日常も全ておかしくなった。

あんな奴早く消えてもらわないと、

正気を失いそうだ。
裕斗
裕斗
.........
渚
またそんな顔して...ふふっ..
裕斗
裕斗
っ...?!!
悪魔
悪魔
そんな顔は君には似合わないよ〜?
夢...そう、夢のはずなのに

悪魔が。。また..!
裕斗
裕斗
もう辞めてくれ!!
何がのぞみだ?何でもするから!
渚から出ていってくれ..!!
悪魔
悪魔
何でも...?
じゃあ、僕は君を殺るよ
裕斗
裕斗
...!?
悪魔
悪魔
何でもって言ったよね?それに、
僕の事を消そうとする人間は
生かしておけないからね..
裕斗
裕斗
一体....どうしたらいいんだよ。。!
悪魔
悪魔
僕が本体から出て行く事は無いよ..
僕にだって使命があるからね
裕斗
裕斗
使命。。。。?
悪魔
悪魔
そう..ある人間に復讐するため、
僕はそのためにここに来たんだ
裕斗
裕斗
復讐..?誰にだ...!
もしかして母さんか?そうなのか?!
悪魔
悪魔
はははっ..落ち着いてよ〜
いつもの君らしく無いよ?
まるで、狂ってしまったみたい..
悪魔
悪魔
僕が復讐をしたいのは
君のお母様じゃなくてね。。?
裕斗
裕斗
....誰だ
悪魔
悪魔
ふふっ....君だよ