無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

🥀 第 28 話
❤︎
❤︎
ぎゃあああああ !



今ちょっと 、大パニック 。

青 山 陸
青 山 陸
ん … うわ っ !
ごめん !!


今どんな状況下って言うと 、




ちょっと私もよく分かってないんだけど 。




あれ 、私昨日 …


❤︎
❤︎
そっか昨日 … あの後すぐ眠っちゃって …
青 山 陸
青 山 陸
ごめん 、あなたちゃんあの後すぐ眠っちゃったんだけど 、寝ながら泣いてたから …
落ち着くまで居て帰ろうと思ったら …
❤︎
❤︎
私こそ 、ごめんなさい …
… 今日学校ですよね ! シャワーとか使ってください !
あ ! 着替えも … ! お兄ちゃんのだったらあるので …


なんで私 、こんなに焦ってるんだろう 。




そんな時 、聞こえてきたクスッと笑う声 。




え ? 笑われた … ? 笑




何か面白い事言いました ?




って聞こうとしたのに 、

❤︎
❤︎
……… っ !


気付いたら私の身体は 、



























陸くんの胸の中だった 。