無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第1話

🥀 第 1 話
もしも私が発作を起こした時 、



あなたが隣に居たら 、



なんの根拠も 、保証もなくていいから 、



他に言葉は何もいらないから 、



" 大丈夫 " って言って 。



傍に居てください 。



それだけで私は 、



安心できるから 。