無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

🥀 第 22 話

買い出しも終わって 、これで安心 。



お兄ちゃんも準備終わったみたい 。

❤︎
❤︎
明日から頑張ってね !
川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
おう 、ありがとう 。
あ 、 そうだ 、明日から陸さん様子見に来てくれるみたいだから 。
❤︎
❤︎
え ? 陸さんが ? なんで ??


それって 、お兄ちゃんも居ないのに家に来るって事だよね ?



って事は陸さんと2人きり ?


川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
明日から俺が家空けるって言ったら 、あなたが心配だから 、様子見にたまに来てくれるって言ってくれて 。
❤︎
❤︎
え 、そんなの悪いよ 、私大丈夫だし !
川 村 壱 馬
川 村 壱 馬
まあ大丈夫だったら明日陸さんが来た時にでも言って ?
1人の方がいいかもしれないし 、あなたの好きなようにしていいから 。

どうしよう 、明日陸さんが来る 。



しかもお兄ちゃんは居ない 。



でもなんか 、



嫌ではない 。



なんでだろう 。



お兄ちゃんの知り合いだから ?



でもそれなら 、今までも色んな人に会ってきたはず 。



でも 、今までの人とは違う 、



陸さんにある安心感は 、私の中でお兄ちゃん以外では初めてだった 。